おすすめの薄毛対策 自分でできる薄毛対策

薄毛改善のカギは日常に!正しい食事、正しいシャンプーを覚えよう!

投稿日:7月 25, 2018 更新日:

薄毛の原因は日々の生活にある

薄毛は病気で、様々な種類があり、それぞれの症状に合わせた対策が必要だという話をしました。

参考記事

そこでは、AGAは、男性ホルモンのDHI(ジヒドロテストステロン)が原因だと書きました。

もちろんそれは正しいのですが、もっと根本的な原因があります。

 

それは、日々の生活習慣です。

 

インフルエンザだってウィルスが体内入れば必ずインフルエンザになるわけではありません。

体の免疫機能がウィルスに負けた場合にインフルエンザになってしまうのです。

健康的な生活をしていれば、病気になる確率はぐっと下がります。

 

つまり、髪に過剰な負担を与えず、栄養をしっかり送って、良好な環境を作っていれば薄毛になる確率を下げることができます

髪が成長する環境を整える

薄毛になりにくい環境とは、髪が成長しやすい環境のことです。

髪が成長するためには、髪にしっかりと栄養をおくること、そして頭皮に負担をかけないことが重要です。

 

髪にしっかりと栄養をおくるためには

食べる

寝る

血行をよくする

 

頭皮に負担をかけないためには

正しいシャンプー

紫外線

 

これらのこと注意して、生活をする必要があります。

 

食生活の改善

髪に栄養を送るためには当然、その栄養を摂取する必要があります。

そしてその取るべき栄養は、主に3つです。

タンパク質
亜鉛
ビタミン

 

タンパク質

髪はほとんどタンパク質からできています。

そして特に髪を作っているタンパク質のことをケラチンといいます。

さらにケラチンの元となるのがメチニオンです。

メチニオンは魚介類に多く含まれています。

その他には、肉、卵、乳製品、大豆などが挙げられます。

 

亜鉛

髪の主成分となるケラチンは、メチニオンだけでは作れません。

ケラチンを作るのに必要なのが亜鉛です。

 

さらに、亜鉛には、薄毛の治療薬であるプロペシアと同様に5αリダクターゼを抑制する働きがあるといわれているため、薄毛対策にはより効果的です。

 

亜鉛を多く含む食品には、牡蠣やレバー、ナッツ類があります。

 

ビタミン

ビタミンは栄養を体にうまく行き渡らせる働きをする橋渡し的存在です。

したがってビタミンを取ることで栄養を髪にしっかりと送ることができます。

ビタミンB群はタンパク質の吸収を高めてくれます

レバーや卵、大豆、乳製品にはビタミンB2が多く含まれ、

魚介類やナッツ類にはビタミンB6が多く含まれています。

 

ビタミンCには亜鉛の吸収を高める効果があります。

柑橘類や野菜などに多く含まれています。

 

これらの栄養を食べ物だけから十分な量を取ることは難しいため、サプリメントを併用すると効率よく栄養を摂ることができます。

 

サプリの中には、薄毛対策用に作られたものもあるので、それを利用すれば一つ一つ選んで飲む必要はありません。

十分な睡眠をとる

髪が成長するのは、睡眠中です。

そのため、睡眠不足だと髪の毛が成長することができなくなります。

 

睡眠は、量だけでなく質も重要です。

例えば、夜の22時~2時の4時間は、ゴールデンタイムと呼ばれるほど睡眠の質が上がります。

できる限り、この時間帯は眠るように生活リズムを調整しましょう。

 

また寝る前に、スマホの明るい画面を見ると寝つきが悪くなり、睡眠の質が下がってしまいます。

寝る1,2時間前には、できるだけ刺激を与えないように過ごすことが重要です。

 

血行が増毛を促す

栄養は血液によって体に運ばれて行きます。

したがって、血行が悪いと髪に栄養が送られなくなってしまい、髪の毛が成長できなくなります。

 

AGA治療薬のミノキシジルは、血管拡張によって頭皮の血行を良くして、増毛を促しています。

このことからも血行の重要性が伺えます。

 

血行を良くするためには、頭皮マッサージや日ごろから適度な運動をすることが効果的です。

 

また、ストレスがあると血管が収縮してしまうため、髪に栄養が行かなくなってしまいます。

ストレスで薄毛が進行するとよく言われるのはこのためです。

 

タバコも、ニコチンが血管を収縮される効果があるため薄毛を進行させてしまいます。

 

シャンプーのやり方間違ってませんか?

毎日お風呂で髪を洗うとき適当に済ませていませんか?

シャンプーは髪の毛、頭皮という薄毛に直接関係する場所を清潔にする非常に大事なものです。

清潔にしていないとドンドン髪の毛にダメージが蓄積されていってしまいます。

できるだけ以下の手順を守ってシャンプーをしましょう。

髪を濡らす前にブラッシングをする
髪をお湯ですすぐ
シャンプーを手で泡立てる
指の腹で洗う
しっかりすすぐ
タオルで髪を拭く
ドライヤーで乾かす

 

1.髪を濡らす前にブラッシングをする

まずは髪の毛についたゴミをブラシで落とします

いきなりシャンプーしてもゴミに邪魔されて頭皮をきれいにできません。

2.髪をお湯ですすぐ

次はブラッシングで取れなかった小さなごみを流していきます。

髪を濡らすだけではなく、しっかりすすぎましょう。

シャンプー前にブラシとすすぎをすることは、シャンプーを効果的にするために重要な過程です。

 

めんどくさがらずにやりましょう。

 

3.シャンプーを手で泡立てる

いきなり頭にシャンプーをつけてはいけません。

 

シャンプーは粘性が強いのでそのまま髪につけると水で流れ切らずに毛穴に詰まってしまいます。

 

なので、髪につける前に手やネットを使って泡立てましょう。

 

シャンプーも石鹸も洗剤もすべて泡で汚れを落とすものです。

泡が小さな汚れの隙間に入ることで汚れを浮かせて、きれいにすることができます。

 

女性が顔を泡で洗顔しているのは、顔の肌を傷つけずきれいにするためです。

頭皮も同様に丁寧に洗いましょう。

 

4.指の腹で洗う

髪を洗うとき爪を立てて洗う人がいますが絶対にやめましょう。

 

手足を爪でひっかくと赤くなりますよね。

肌はそんなに強くありません。

 

頭皮も同様です。

シャンプーをするごとに頭皮を削っているのも同然です。

指の腹を使って優しくマッサージするように洗いましょう。

 

シャンプーは洗髪とも言いますが、実際に洗っているのは髪の毛ではなく、頭皮です。

 

髪の毛自体はシャンプーするときには汚れはほとんどとれています。

頭皮を優しく洗うというイメージをしっかり持ちましょう。

参考記事

 

5.しっかりすすぐ

まだまだ気を抜いてはいけません。

 

しっかりすすぐまでシャンプーは終わりません。

シャンプーは汚れを落とす洗浄力を持ちます。

そして、洗浄力が強いほど当然肌にもダメージを与えます。

 

ここでシャンプーをしっかり落とさなければ、頭皮を洗った意味がなくなってしまいます。

 

2,3分ほどかけて、毛穴に残ったシャンプーを流すイメージでやさしくしっかりすすぎましょう。

 

6.タオルで髪を拭く

髪が短い男性にありがちなのは、髪を濡らしっぱなしにすることです。

髪は水に濡れたままだと傷つきやすく、また、雑菌も繁殖しやすいです。

 

まず、タオルで水気を取ります。

このときゴシゴシすると髪が傷ついてしまいます。

タオルで髪を優しく挟むように押さえましょう。

 

一般的な男性の髪ならタオルで拭くだけでほとんど水気がなくなります。

 

7.ドライヤーで乾かす

最後にドライヤーで髪を乾かします。

 

髪は熱に弱いのでドライヤーはしっかり離して使用してください。

髪の根元や頭皮が乾きづらいので意識して乾かしましょう。

 

暑いからといって扇風機で乾かすのはやめてください。

熱によって乾かすことができないので頭皮まで乾かすことができません。

ボウズやそれに近いベリーショートでない限りドライヤーを使いましょう。

参考記事

直射日光は危険

紫外線は、大量に浴びると細胞を壊してしまいます。

当然、頭皮や毛根にも当てはまります。

 

特に頭頂部は、直射日光を一番強く受けやすいです。

なんの対策もせず、太陽光を浴び続けると毛根の細胞が壊れてしまい、髪が育たなくなってしまいます。

 

また、太陽光を浴び続けることにより、髪が乾燥してして、キュー

ティクルがはがれてしまい、さらなるダメージを受けてしまいます。

 

紫外線から髪を守るためには、帽子や日傘を利用しましょう。

ここで注意すべきは、頭がムレないようにすることです。

 

暑い時に帽子をかぶると帽子の中がムレてしまいます。

ムレると雑菌が繁殖しやすくなり、また、皮脂も多く分泌されてしまい薄毛の原因となります。

 

風通しの良いメッシュ素材や麦わら帽子などがおすすめです。

薄毛になりにくい体をつくる

日常の中に薄毛の原因がたくさん隠れていることがお分かりいただけましたか?

いきなり、すべてを気を付けることは難しいです。

しかし、薄毛の原因を意識するだけでも生活の質は変わります。

メンドクサイと思うかもしれませんが、たとえ病院で薄毛治療を受けたとしても、日常生活の改善がなければ効果的な治療をすることができません。

 

今回のお話は、薄毛だけに限られません。

食事・睡眠は健康の基本です。

 

薄毛だけではなく、体全体の健康のためと思えば少しはやる気も出るのではないでしょうか。

 

悩んだらAGAクリニックに相談してみましょう。

無料カウンセリングで親身に答えてもらえます。

参考記事

-おすすめの薄毛対策, 自分でできる薄毛対策
-,

執筆者:

みんなが読んでる記事はコチラです

増毛は血行から!血行をよくする頭皮マッサージのやり方

最近薄毛が気になる・・・。手軽にできる薄毛対策はないかなと思っている方におすすめ。薄毛対策のカギは血行にあります。読めばすぐにできる薄毛対策。それは頭皮マッサージです。なぜ頭皮マッサージが効くのか、効果的な頭皮マッサージのやり方などを解説します。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こんにちは、ユーリです。

ギリギリの20代です。

数年前、もう若さという武器を失ったことに気づき、何かで埋めなければいけないと立ち上がりました。

そこで私が見つけたのは清潔感です。

清潔感があるだけで良い印象を与えることができます。

特に女性には効果抜群でした。

最近は年下の子達とスキンケアの語り合いをするのが趣味です。