AGAクリニック

ちょっと待って!薄毛治療を勘違いしてませんか?後悔しないAGAクリニックの選び方

投稿日:7月 27, 2018 更新日:

進化するAGA治療

薄毛といえば、昔は老化現象の一つとして涙をのんであきらめていた方も多いと思います。

しかし、薄毛は病気だという認識が広がり、最近は「AGA」という名前も耳にするようになってきました。

参考記事

 

2015年には、デュタステリドという新しい治療薬が日本で承認されたり、2016年に薄毛の原因について、コラーゲンの減少が薄毛の原因になるという研究も発表されるというように薄毛治療の研究はどんどん進化しています。

 

それでも、薄毛の治療はいったい何をするのか知らない人が多いのではないでしょうか。

カツラや植毛だけではありませんよ。

基本的には普通の病気と一緒

AGAの治療について、日本皮膚科学会が「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」というものを発表しています。

薄毛治療に5段階の推奨度が定められ、その中で最高評価である「A.行うように強く勧める」がつけられている治療法が下記の3つです。

フィナステリドの内服

デュタステリドの内服

ミノキシジルの外用

 

簡単に言えば、2つの飲み薬と1つ塗り薬が強く推奨されています。

植毛による治療も「行うよう勧める」のBに留まっています。

つまり、AGAも普通の怪我や病気と同じように、薬を飲んだり、塗ったりする治療が強く推奨されています。

参考記事

メソセラピーと自毛植毛

薬の処方以外には、メソセラピーと自毛植毛という方法がとられることが多いです。

メソセラピー

メソセラピーとは、皮膚の下に薬を注入することをいいます。

AGAにおいては特に毛髪再生メソセラピーといわれ、発毛を促す薬を頭皮に注入して、頭皮の細胞を活性化させることにより発毛を促します。

 

クリニックでは毛髪再生実感率99%などと謳っていることが多く、薬だけの治療と比べると短期間に発毛効果が表れることが多いようです。

 

自毛植毛

自毛植毛とは、AGAでは薄毛になりにくい後頭部の髪を薄くなっている頭頂部などに植毛することです。

 

植毛した部分も生着すれば他の髪同様に成長します

人工の髪を植毛するのに比べ、生着率が高く、成長する点が優れているため、現在の植毛はほとんどが自毛植毛です。

 

クリニックとサロンの違い

薄毛を治療するときに気を付けてもらいたいのがクリニックとサロンの違いです。

両者の違いは医療機関かどうかです。

 

上記のような薬をだしたり、植毛をしたりということができるのがクリニックです。

処方や植毛は医療行為なので医療機関でなければできません。

 

サロンでは主に頭皮のケアなどが中心でシャンプーをしたり、マッサージをするといった治療をします。

 

植毛と増毛は別物

薄毛対策で有名なアデランスはサロンです。

ここまで読むとアデランスって植毛してるからクリニックだと誤解される方もいらっしゃるかもしれませんが、アデランスは「増毛」を行っています。

 

植毛は、頭皮に髪の毛を植えるために頭皮を切るので、医療機関しかできません。

対して増毛は、生えている髪に人工の髪を括りつけて、毛の量を増やしています。

髪を括りつけるだけなので、頭皮を切るといった行為はなく、医療機関以外でもできます。

 

名前は似ていても中身は別物なので気をつけましょう。

LED照射は薄毛に有効

育毛サロンは薬は処方できませんがLED照射を行っているところはあります。

LED及び低出力レーザー照射は「行なうよう勧める」のBと評価されていて、薬の次に有用とされています。

アデランスでは「ヘアリプロ LED NB」というLED照射治療を提供しています。

また、LED照射は家庭用のものもいくつか発売されています。

 

治療期間はどのくらい?

最初に言うと、現在AGAは完治しないといわれています

AGAは男性ホルモンが髪の成長を邪魔することによって起こる病気です。

男性ホルモンの働きを抑えるには薬を飲み続けなければいけません。

 

薬の効果についても実感するまで早くて3か月程度です。

したがってAGA治療には長期間続ける覚悟が必要です

 

費用はどのくらいかかるの?

AGAの治療には保険が適用されません。

したがって、費用は高くなる傾向にあります。

 

診療費用

診療費用は初診料が無料~3,000円付近が多いです。

血液検査は無料だったり5,00円だったり1万円だったりと振れ幅が大きいです。

治療をしないで薄毛について相談するだけの場合は無料でカウンセリングをしてもらえるところが多いです。

 

は1つ大体1か月6000~9000円あたりの値段が多いです。

また、ジェネリックの場合だと3000円程度で済むこともあります。

初回の処方の場合はもう少し割安にになるところも多いです。

複数の有効成分を混ぜたクリニックオリジナルの薬があったりしますが、そちらは成分の割合によって値段が変わるため一概には言えませんが通常よりも高くなることが多いです。

 

メソセラピー

メソセラピーは1回4~6万円程度かかることが多いです。

これを繰り返し行うので最終的には結構な高額となります。

湘南美容外科では12回38万円のコースがあります。

 

自毛植毛

自毛植毛は1グラフトという単位が使われ、毛穴の数に相当します。

日本人は1つの毛穴から平均2本の髪が生えているといわれます。

薄毛が頭頂部まで進行している場合は1000グラフト必要といわれ料金は100万円近く必要です。

 

基本はあくまで薬

メソセラピーや自毛植毛ではかなりの額がかかってしまい、中々手を出すのは難しいと思います。

ですが、最初に行ったように日本皮膚科学会が強く推奨している治療法は薬による治療です。

 

自毛植毛(CQ4)は「行なうよう勧める」のB。

メソセラピー(CQ13)は「行わないほうがよい」のC2。

 

あくまで薬が効かなかったときに行われる治療法だと考えておきましょう。

もっとも、一見高額に見えますが長期的にみると実はそんなことはありません。

参考記事

 

ちなみにメソセラピーの評価が低いのは効果がないからという理由ではありません。

今後期待される治療方法だけど、まだ先端医療で検証が不十分ということと、安全確保が大変だから一般的に行うのは難しいという理由だそうです。

クリニックの選び方

では実際にクリニックに通院しようと思ったときに何に気をつければいいでしょうか。

 

AGAの専門クリニックであること

薄毛治療を真剣に考えているなら、まず育毛サロンはやめましょう。

もちろん育毛サロンが悪いわけではありませんが、育毛サロンはあくまで頭皮ケアが中心なので直接的な治療はできません。

薄毛がかなり進行している場合はクリニックに行きましょう。

 

薄毛は頭皮の問題なので皮膚科でも治療してもらうことができます。

しかし、多くの皮膚科はAGAの進行を遅らせるような治療が中心となります。

積極的に発毛を促す治療はあまり期待ができないので、できるだけAGA専門のクリニックに行きましょう。

 

もっとも、AGA専門でなくとも発毛を促す治療もしてくれるクリニックもあります。

公式HPをみて、メソセラピーや自毛植毛を行っているようなクリニックであれば問題はありません。

 

薬代が安い

AGA治療にかかる費用で一番多くを占めるのが薬代です。

参考記事

なので、費用を心配している方は他の治療費が高くても薬代が安いところを探しましょう。

1000円違うだけでも長期的にみるとかなり差がつきます。

自分の経済状況を考え、ジェネリックも視野に入れて探しましょう。

 

通いやすいこと

AGAの治療は長期間継続して行います。

なので、通いにくいクリニックだと治療がつらくなり、途中で断念してしまう恐れがあります。

途中でやめてしまうと今までの治療が無駄になってしまいます。

具体的には次の2点に注意しましょう。

地理的に通いやすい
精神的に通いやすい

クリニックが遠かったり、不便な場所にあるとどうしても足が遠のきがちです。

できるだけ、生活圏内か主要な駅の近くのクリニックを選びましょう。

 

また、クリニックは医療機関なのでサービス業とは違います。

しかし、受付が雑、患者に対する態度が悪い等のサービス面が悪いと信頼関係を築くのが難しくなります。

信頼関係がないとぼったくられるのではないか疑ってと正しい治療を否定することにもなりかねません。

信頼できて気持ちよく通えるクリニックを探しましょう。

 

無料カウンセリングを利用しよう

治療の方法や費用、クリニックの選び方を紹介しましたが実際に行ってみなければわからないことも多いです。

たとえホームぺージでの治療費用が高くても、他より質が高いとかサポートがしっかりしているとかきちんと納得できる理由があることもあります。

自毛植毛が高いから気が引けると思っても飲み薬で十分に回復する程度かもしれません。

 

本当に治療が必要なのか、そのクリニックが信頼できるかなどは実際に通ってみてコミュニケーションをとらなければわかりません。

 

多くのクリニックは無料カウンセリングが用意されています。

無料カウンセリングでは、そのクリニックでできる治療の効果や薬の説明をしてくれます。

さらに、頭皮チェックなど簡単な診察もしてもらえるところもあります。

そこで、自分の状態や必要な治療について質問しましょう

 

ここで納得できない対応をするクリニックはやめましょう。

長期間通院して高額な治療費を払う可能性があるので、慎重に行動しましょう。

ここが重要なポイントです。

 

セカンドオピニオンの重要性

 

セカンドオピニオンとは、主治医以外の医者に治療方法について意見を聞くことです。

自分の将来のことをたった一人の他人の意見で決めることはリスクがあります。

たとえ医者といえども腕の悪い医者やできるだけ稼ごうとする医者は存在します。

そんな場合には、別の医者にその治療方法が本当に適切か聞くことができます。

これにより、自分の状態をより客観的に専門的な視点で知ることができます。

 

無料カウンセリングなので、厳密にはセカンドオピニオンではありませんがやっていることは一緒です。

自分の薄毛は治療が必要なのか、必要ならどの程度の治療が必要なのか、こういった現状把握には専門家の意見が必要です。

 

もちろん同じ治療でも費用が変わりうるので、費用の比較という点でも効果的です。

 

無料なので金銭的な負担はありませんし、正しい薄毛の知識を専門家から教えてもらうことができます。

セカンドオピニオンは薄毛について真剣に考えている人ほど有用です。

積極的に無料カウンセリングを利用しましょう。

全国展開しているクリニック

AGAスキンクリニック

北海道から沖縄まで全国51院もある大手AGA専門のクリニックです。

初診料無料

血液検査2回無料

月3400円から治療できる

もちろん無料カウンセリングあります。

 

医師が自ら開発し、実感した発毛治療

 

医師自らが治療を受け効果を実証しています。

治療方法はオリジナルの薬とメソセラピー

治療期間は4~6か月

6か月以内の発毛実感率はなんと99.4%

 

湘南美容クリニック

 

こちらも北海道から沖縄まで展開しており、全国54院あります。

 

 

初診料無料

血液検査2160円(2か月以内の血液検査結果を持参すれば不要)

月1800円から治療できる

 

オンライン診療があり、スマホのビデオ通話で診察を受けることができます。

いつでも予約できるので、待ち時間も移動時間も0です。

薬も自宅に配送してもらえるので家から出ることなく診察、処方を受けることができます。

ただし、初回のみは実際に対面して診察を受ける必要があります。

 

気になるならとりあえず行ってみよう

いかがだったでしょうか。

読む前と比べて薄毛治療のイメージは変わりましたか?

 

薄毛治療は無料相談をしているところが多く。

初診料も無料のところもあります。

ジェネリックなら最初の1月は数千円で治療を受けられます。

 

金銭的には非常に負担が少ないです。

迷っているなら無料カウンセリングに行ってみましょう。

気のせいなら悩む必要がなくなりますし、治療が必要なら早期治療ができ効果的です。

 

もっと早く行っておけばよかったと後悔しないようにしましょう。

参考記事

-AGAクリニック
-, , , ,

執筆者:

みんなが読んでる記事はコチラです

日本皮膚科学会が認めた最新の薄毛治療を知っていますか?

日本皮膚科学会が強く推奨する最新の薄毛治療をご存知ですか?薄毛の治療薬はプロペシアやミノキシジルだけではありません。今もっとも効果的な薄毛治療を紹介します。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


こんにちは、ユーリです。

ギリギリの20代です。

数年前、もう若さという武器を失ったことに気づき、何かで埋めなければいけないと立ち上がりました。

そこで私が見つけたのは清潔感です。

清潔感があるだけで良い印象を与えることができます。

特に女性には効果抜群でした。

最近は年下の子達とスキンケアの語り合いをするのが趣味です。